【WoT】ホームフロントの備忘録

ホームフロント_メイン画面WoT
ホームフロント_メイン画面

ホームフロントについて

2019年7月25日07:40から2019年8月6日08:00まで開催されているWoTのミニゲームである。
ゲームの内容としてはPVEであり、1チーム5人で迫りくる敵を迎撃するというシンプルなゲームシステム。
最終防衛ラインを一定数、またはボスクラスに指定されている敵戦車が突破するとゲームオーバーとなる。

WGの嫌がらせなのか「燃料」を持っていないと戦闘に出れないシステムである。
この燃料は一日2つか3つ配布され、デイリーミッションとしても2つ手に入れることができる。
もしくは、師団レベル向上により増やすことも可能。
師団レベルが上がるごとに使える車両やリザーブが増え、さらに敵のウェーブ数も変化することにより獲得ポイントも増えるため、最短で目指したい人はとっとと課金して師団レベルを上げると吉。

報酬として本来は5000ボンズも必要な改良型拡張パーツである「新型装填装置」と「高性能安定装置」を入手することが可能である。
自分は他の方々と協力の下に2つとも獲得できました。やったね。

改良型ラマー

改良型スタビ

東部戦線

東部戦線における使用できる師団(ユニット)は「アイアンサイド」、「紅の混成団」、「ビーストスレイヤーズ」の3種類である。
アイアンサイドは重戦車で軽戦車程度なら弾ける、もしくは敵が撃ってこない装甲になっているので多めに入れると安定する印象。
紅の混成団は車両もリザーブも中途半端て使う価値のないゴミ(断言)。
ビーストスレイヤーズは一人か二人いれると良いかも。
そして爆撃リザーブで敵を落とすゲーム。

東部戦線をクリアすると改良型拡張パーツの高性能安定装置を獲得できる。

西部戦線

西武戦線における使用できる師団(ユニット)は「ラッキーセカンド」、「ホーリーセイント」、「先鋒旅団」の3種類である。
東部戦線よりもこちら側のほうが強い印象である。しかし、ラッキーセカンドは東部戦線における紅の混成団と同じくゴミであった。
編成としては盾役のラッキーセカンド一人入れて、あとは先鋒旅団のリザーブである爆撃でひたすら敵を虐めるゲームである。

西武戦線をクリアすると改良型拡張パーツの新型装填装置を獲得できる。

ちなみに下の動画は西部戦線の様子を録画したものである。
ひたすら爆撃している様子がわかるはず。
この中に周りがLV3課金している中でLV2課金から始めてゴールド節約しているPontitiとかいうゴミがいますねぇ!

感想

LV3がスタートラインなので課金前提のシステムで日本のソシャゲ並にひでぇなと思いながら周回していました。
ボンズ拡張2つゲットするのに要する時間は10時間前後かかりました。お得かもしれないけどなんだかなぁ。
最初の数戦は楽しいけど、後は惰性でやってあまり面白みが感じなくなっていきますね。
しかも野良でやってはクリアすることが難しく、VCなどで連携の取れる人を集めてやらないとかなり厳しい難易度でぼっちには厳しい世界な印象。
自分と組んでくださったメンバーの方たちには圧倒的感謝…!

タイトルとURLをコピーしました